地方の実態

地方における医療業界の実態は現在、さらに深刻さを深めております。
地方の医療業界は都心に比べかなり出遅れています。患者にとって必要不可欠な救急医療の存在が、地方ではすでに崩壊状態にあります。
この問題は医師の常勤数が圧倒的に減少している為に引き起こされた事象です。何故このような問題が起きてしまったのでしょうか。

医師の求人は医療施設ごとに実施されていますが、都心部以外での確保は非常に困難で、通勤や生活環境を考えるとさらに難しいものとなってくるでしょう。
実際の現場では医師の負担も多く、さらにリスクを伴う為、いきたがらない医師が増加しています。地方の医歯薬系の施設は医師の労働環境や報酬面での待遇を検討しているものの、赤字経営の施設も多く、非常に困難な問題となっております。
その結果、常勤医師が不在の為に、地方での救急医療の存続が危ぶまれてくることになってしまいます。救急医療が患者と医療施設側で大きなギャップを生じて、患者にとって非常に困った問題となっているのです。

地方の医療、特に救急医療の体制については、医療施設だけでなく自治体や行政も含めて関わっていかなければならないところまで来てしまっているのです。
現在、いろいろな模索をされているようですが、地域の医療施設間で役割分担を取り決める等、地方全体として考えなければなりません。
今後、医師常勤の体制や救急医療の体制の整備等が地方の医療業界に課せられた一番の問題となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です