医師の人材二極化

医師はなくてはならない存在貴重な存在です。
しかし、医師の人材不足が叫ばれて久しくなっています。
これは日本全国まんべんなく人材が不足しているということではありません。
人材のニ極化、つまり医療施設によって不足している施設、十分潤っている施設とに分かれているのです。
絶対的に医師の数が少ないということではない為、国として何らかの政策を打ち出してこのニ極化を分散させることが必要になってきます。

医師はどのような地域でも必要不可欠な存在です。特に過疎地にいたっては十分な人数になっていません。これはいまにはじまったことではありません。やはり国の政策が遅れている為と考えても言い過ぎではないようです。
医師をまんべんなく国内に配置することが、私たち国民にとって安心して日常生活が送れる必要十分条件となるのです。医師の存在は治療を行うことは当たり前ですが、その前にこの地域に医師がこれだけいるとなれば、それだけでも安心感を与えられ、国民には半分は役目を果たしたと言ってもいいくらい重要な存在なのです。
日本の明るい未来のためには、今後も医療業界での医師の育成・確保が最優先して行わなければいけないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です