高まる看護師の需要

日本は高齢化社会が進んでいるので、これからますます看護師の需要は高まっていくでしょう。
医療現場の負担が増えることから、特定の高度な医療行為ができる特定看護師の資格化が検討されています。
医療現場において看護師への期待は大変大きいものだということがわかりますね。
※特定看護師についてはこちらを参考「特定看護師徹底研究

しかし看護師不足が問題となっています。
きつく厳しい職場環境に疲れ果てて、全く別の職業に転職してしまったり、結婚や出産を機に退職してしまったりする人が多いからです。
特に結婚や出産・家事との両立ができないといった理由を機にやめる看護師は、職場の雰囲気として続けていけない、あるいは出産後には子供の預け先が見つからないなど、大変多くいます。そのまま看護師免許を持ちながらも看護職を離れてしまう人が大変多いのです。
看護師が不足すると看護師一人一人の負担が大きくなります。負担が大きくなると辞めていく人も出てきたりと悪循環になります。悪循環を断ち切らないと看護師不足の解消は難しいでしょう。

病院だけではどうしようもない状況ですから行政や国の支援が必要です。
日本の医療を守るために看護師の待遇を良くして、健全な病院運営ができるようにしなければなりません。